経営情報部会

 経営情報部会は1991年に従来の経営科学部会を発展的に改組し、発足しました。CIM、SIS、情報ネットワーク、エキスパートシステム等を含めた最新の情報技術の調査研究とそれら技術の石油精製・販売、石油化学、製油所等への応用検討を中心とした活動を行っています。
最近の経営情報部会の活動は毎年、部会でテーマを選定し、テーマに基づき部会会社メンバーを中心とするワーキンググループを組織し、調査・検討を行っています。その調査結果は年度末の部会の成果報告会や会誌ペトロテックで報告しています。 2017年度WGテーマは,WG1「Shell New Lens Scenariosを通して見る世界と日本のエネルギー」およびWG2「石油・石油化学プラントにおける装置関連データの分析・評価手法の調査・研究」で,2017年秋に活動を終了いたしました。
2018年度は「石油・石油化学プラントにおけるAI技術とその活用方法の調査・研究」をテーマとしてWGを設置する予定です。

本部会(WG)活動へのご意見または参加に興味のある方は、お近くの部会員または学会事務局(担当:金子tel.03-6206-4301, fax.03-6206-4302)までご連絡下さい。

部会員名簿

平成17年度部会講演会(2005.11.15実施)
「ITで変わる製油所経営〜情報の共有と可視化によるマネジメントの高度化〜」

 

最近のWGテーマ

部会活動|トップページへ