石油関連技術教育・啓発事業

大学生や一般の人々に石油に関する知識と理解を深めてもらうため,本会では1997年に教育委員会を設置し,主に大学生を対象とした石油に関する教育講座を毎年60回程度実施しています。実施希望の機関の方は事務局(教育委員会担当)までお問い合わせください。

講義内容

2018年度は下記の8テーマの講義を実施します。講義テーマ,講義回数は講義受け入れ機関と相談のうえ,決定します。

テーマ講義内容
エネルギー動向
-エネルギーの国際動向と石油の安定供給-
○エネルギーの基礎(人とエネルギーの略歴,定義・種類,エネルギーバランス,LCA等)
○国際エネルギー動向(各国と日本の需給予測,特徴分析,各エネルギー資源,影響要因等)
○わが国の長期エネルギー需給見通しと各部門の省エネルギー対策 ○我が国の石油需要と安定供給体制(石油利用の現状と将来,サプライチェーン,リスク対応等)

石油・天然ガスの探鉱・開発
-地下の宝物をいかに見つけ,手に入れるか-
○石油・天然ガスの開発技術(探鉱から生産までの各過程の技術)
○世界の石油・天然ガス事情(生産地と生産量,埋蔵量と消費量,フロンティアの開発など)
○非在来型石油・天然ガス開発の現状および将来(シェールガス,メタンハイドレート開発など)

石油精製 ―石油製品(燃料油・潤滑油・石油化学原料)の製造― ○原油から石油製品がどのような工程で製造されるか,そのフローをつかむ。
○主要装置(蒸留・水素化精製・改質・分解)の存在位置と役割を理解する。
○石油精製で用いられる触媒とその機能を知る。
○石油精製と社会とのつながりを知る(需要対応,品質規制対応,排ガス削減,CO2削減など)。

燃料油製造技術の進展 ―自動車燃料を中心に― ○自動車燃料の概要(自動車の発明/発展と燃料油,自動車の性能と燃料油品質)
○燃料油製造技術の基礎(原油性状,蒸留プロセス,燃料油製造プロセス)
○ガソリンのオクタン価向上技術(芳香族化(接触改質),異性化,アルキレーション)
○燃料油増産技術(流動接触分解,水素化分解,熱分解)
○超深度脱硫技術(ガソリン,軽油)
○その他燃料油のトピックス(ジェット燃料へのバイオ燃料の利用,船舶燃料の低硫黄化,燃料電池車導入への対応)

環境対応型潤滑油
-潤滑油が環境負荷低減にいかに貢献してきたか!今後は?-
○潤滑油の概要(基礎と要求性能)
○エンジン油を取り巻く環境と環境対応技術(省燃費,排出ガス規制への対応)
○駆動系潤滑油を取り巻く環境と環境対応技術(省燃費への対応)
○工業用潤滑油を取り巻く環境と環境対応技術(省電力への対応,非塩素化,リサイクル,生分解性)

石油化学の製品体系と産業・市場構造の変化−石油化学の未来− ○製品体系(基礎原料,サプライチェーン,石油化学製品)/ナフサ,エチレン,BTX, 汎用樹脂,エンプラ,リサイクル
○産業・市場構造の変化/シェール革命,原料シフト,エネルギーシフト,汎用素材・ 高性能機能製品,自動車・電子・情報・ライフサイエンス材料
○新たに期待される基礎化学品生産体系/メタン新化学,GSC,LCA,エネルギー効率
○石油化学の未来

エネルギーの利用と地球温暖化対策−日本は世界の仲間入りができるか?− ○地球温暖化(気温・海水面上昇,海氷減少・CO2上昇),地球上で何が起こっているか?
○COP会議での日本のスタンスと2020年以降の国際枠組み議論
○我が国の公害・環境問題への取組み
○我が国のエネルギー基本政策との関係
○炭酸ガス排出削減シナリオと技術革新
○産業,運輸,民生部門の省エネルギー

21世紀のエネルギーを考える
-エネルギー資源の現状と将来-
○エネルギー資源の種類
○新エネルギーの現状と将来(炭酸ガス排出対策としての再生可能エネルギー,固定価格買取制度,太陽光・太陽熱発電,風力発電,地熱発電,バイオマスエネルギー等)
○水素エネルギー社会

実施一覧(抜粋)

1997年より実施しました機関の一部を紹介します(順不同)。
上智大学,明治大学,千葉工業大学,関西大学,北海道大学,室蘭工業大学,大分大学,愛媛大学,工学院大学,島根大学,鳥取大学,北陸先端科学技術大学院大学,信州大学,帝京科学大学,岩手大学,鹿児島大学,九州大学,秋田大学,北九州市立大学,埼玉大学,北海道教育大学,成蹊大学,岐阜大学,芝浦工業大学,豊橋技術科学大学,三重大学,宇都宮大学,静岡大学,桜美林大学,東京農工大学,岩手大学

沼津工業高等専門学校,茨城工業高等専門学校,旭川工業高等専門学校

山形職業能力開発専門校

市川市立大野小学校

さいたま市,船橋市,市川市

*本事業実施にあたり,事業の趣旨にご賛同をいただきました石油連盟様から実施費用の一部を負担いただいています。