2019年度石油学会表彰候補推薦募集

本会表彰規程により2019年度表彰候補の推薦を下記のとおり受け付けます。

本会の役員(理事および監事),顧問,名誉会員,維持会員各位は8月30日までに適格者を本会事務局「表彰委員会」にご推薦ください。
上記推薦人以外の方は8月30日までに適格者を本会事務局「表彰推薦委員会」宛にご推薦ください(表彰推薦委員会で審議し,適格者を「表彰委員会」に推薦します)。
所定の推薦用紙は賞の種類により異なりますのでご注意ください。
推薦用紙および選考資料は配達が証明できる方法(書留,宅配など)でお送り下さい。

推薦の対象となる表彰の種類は次のとおりです。

1.学会賞
学会賞は次の功績をあげたものに授与する。
(1)[学術的]石油,天然ガスおよび石油化学工業について,ならびにこれらに関連する機械および装置について貴重な研究を行い,その業績を発表し,学術上特に顕著な功績をあげたもの。
(2)[工業的]石油,天然ガスおよび石油化学工業について,ならびにこれらに関連する機械および装置について総合的な技術開発を行い,その業績が工業上特に顕著な功績のあったもの。
2.論文賞
(1)論文賞はJournal of the Jpn. Petrol. Inst. (論文誌)に発表された論文のうち,優れた論文の著者に授与する。
(2) 対象となる論文は上記論文誌に前年の第3号(5月号)から本年の第2号(3月号)までに掲載された一般論文とする。
3. 技術進歩賞−実用化,工業化前の技術も対象とすることになりました
石油,天然ガスおよび石油化学工業について,ならびにこれらに関連する個々のプロセス,または個々の機械および装置について,技術開発または改良を行い,実用化あるいは工業化された技術またはこれらに準ずる技術で,優れた業績をあげたものに授与する。
4.奨励賞
奨励賞は、次の業績をあげたものに授与する。
(1) 原則として大学・工業高等専門学校又は公的研究機関等に所属する若手の研究者又は技術者で,石油,天然ガス及び石油化学に関連する分野において,独創的な業績を発表したもの。
(2)原則として企業又は民間の団体等に所属する若手の研究者又は技術者で,石油,天然ガス及び石油化学に関連する分野において,独創的な業績を発表したもの

(a)本賞の対象はJournal of the Jpn. Petrol. Inst. に発表されていることが望ましい。また,特許などからも推薦することができる。。
(b)必ずしも完成度を要求しませんが,将来を期待できるものであること。
(c)グループ研究・技術開発の場合は候補者の寄与度を明確にする。
(d)奨励賞を受賞したものが,その後の進展により他の表彰候補として改めて応募することは妨げない。

 

表彰| トップページへ