2022石油製品討論会 

日時 :2022年12月7日(水)
会場日本教育会館 8階 第二会議室(805・806号室) (東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
     および Zoom Webinarによるオンライン
交通 :都営地下鉄・東京メトロ「神保町駅」徒歩3分、JR「水道橋駅」徒歩15分ほか
協賛(依頼中) :自動車技術会、日本エネルギー学会、日本化学会、日本機械学会、
     日本トライボロジー学会、日本分析化学会
新型コロナウイルスの感染状況により開催方法が変更となる場合がございます。

プログラム

開会の挨拶(10:20〜10:30)

製品部会長 坂本清美[ENEOS(株)]
【基調講演】

1.ディーゼルエンジン用e-fuelとしての含酸素燃料のポテンシャル(10:30〜11:15)

北海道大学大学院 特任教授 小川英之
【基調講演】

2.GHG削減に向けた船舶/燃料開発の取組み(11:15〜12:00)

九州大学 名誉教授 高崎講二
休憩(12:00〜13:00)
【燃料セッション】

3.スーパー耐久シリーズでのCN燃料へのチャレンジ(13:00〜13:30)

(株)SUBARU 嶋内 新

4.NH3ディーゼル混焼機関における燃焼および排気特性に関する研究(13:30〜14:00)

ヤンマーホールディングス(株) ○松永大知、本田祐介、平岡賢二、壽 和輝
【試験分析セッション】

5.液体合成燃料の燃料性状の特徴について(14:00〜14:30)

(一財)石油エネルギー技術センター ○大塚 武、岡本憲一、大森敬朗、田畑光紀、定兼 修
(国研)産業技術総合研究所 小熊光晴、木下幸一

6.蛍光X線によるオイル試料のオンライン・オフライン元素分析(14:30〜15:00)

(株)堀場製作所 上田英雄
休憩(15:00〜15:15)
【アスファルトセッション】

7.木質由来成分「リグニン」を活用した脱炭素アスファルト舗装(15:15〜15:45)

大成ロテック(株) 青木政樹
【潤滑油セッション】

8.潤滑油の分子シミュレーション技術と適用事例(15:45〜16:15)

ENEOS(株) 小野寺 拓

9.グリーンイノベーションに向けた石油製品の挑戦(16:15〜16:45)

戸田建設(株) 松信 隆

閉会の挨拶(16:45〜16:50)

製品部会 幹事

 

要旨集

要旨集は、討論会の1−2週間前にweb上で限定公開し、テキスト、CD等の配付は行いません(必要な箇所を適宜印刷してご活用ください)。
参加申込み時に登録されたメールアドレスにパスワードをご連絡致しますので、お間違えの無い様ご入力ください。

参加費: 普通会員(個人)10,000円、維持会員会社の社員16,000円、協賛団体の会員16,000円、
首都圏外および製油所の特別参加費 6,000円、非会員22,000円、学生会員4,000円
首都圏外および製油所の特別参加費制度
オンライン講演会システムを活用する事で、これまで直接来場しての参加が難しかった方々にも、ご参加頂ける良い機会になるかと存じます。そこで、下記の方を対象に特別価格を設ける事に致しました。この機会に是非ご参加ください。
  1. 石油学会個人または維持(法人)会員の社員で、首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)以外に勤務されている方
    または、
  2. 製油所勤務の方(勤務地は問いません)
申込方法: 参加登録画面よりweb申し込み。
参加登録後のキャンセルは、原則できません。
参加登録
早期申込割引期間:2022年11月30日(水)まで。 期間中は一律1,000円割引致します。
支払方法:カード支払い、現金書留または下記の銀行口座へお振り込みください。
みずほ銀行 銀座中央支店(普)1010633 シヤ)セキユガツカイ

 

問合せ先

公益社団法人 石油学会 石油製品討論会係

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-8-4 陽友神田ビル4F
TEL:03-6206-4301, FAX:03-6206-4302

 

行事カレンダー|ページへ