第31回関西支部研究発表会(関西支部設立30周年記念行事)

日本エネルギー学会関西支部第67回研究発表会 合同研究発表会
日時 :2022年12月2日(金)
会場近畿大学 東大阪キャンパス (東大阪市小若江3-4-1)
     【特別講演・口頭発表】 38館2階多目的利用室  
     【ポスター発表】 BLOSSOM CAFE 3階多目的ホール
交通 :近鉄大阪線「長瀬駅」徒歩15分、または近鉄奈良線「八戸ノ里駅」徒歩15分
主催 :石油学会関西支部、日本エネルギー学会関西支部
共催 :石油学会ジュニア・ソサイアティ(JPIJS)

プログラム

【開会の挨拶】(10 : 00〜10 : 05)
石油学会関西支部 支部長 西山 覚 氏
【研究発表】(10 : 05〜10 : 50)

1. 還元性金属酸化物上での水素スピルオーバー効果を利用した合金ナノ粒子触媒の開発(15分)

(大阪大院工)〇俊 和希、森 浩亮、増田晋也、橋本直樹、日沼洋陽、小林久芳、山下弘巳

2. SiO2を複合化した鉄系層状複水酸化物を用いる水中有機化合物の酸化分解(15分)

(関西大院理工、関西大環境都市工)〇赤木太政、轟 真誠、福 康二郎、池永直樹

3. 金−酸化チタンプラズモニック光触媒を用いた可視光水分解に対する水酸化クロムの修飾効果(15分)

(近畿大院総合理工)〇不動愛理、田中淳皓、古南 博
休憩(10 : 50〜11 : 00)
【特別講演】(11 : 00〜11 : 50)

2050年都市ガスのカーボンニュートラル化を実現する技術〜メタネーションの実用化に向けた取り組み〜

大阪ガス(株) ガス製造・エンジニアリング部マネジャー 横山晃太
休憩(11 : 50〜12 : 00)
【ポスタープレビュー】(12 : 00〜13 : 00)
休憩(13 : 00〜14 : 00)
【ポスター発表】(14:00〜15:00)

P01. Cu担持MFI成形体触媒によるベンゼンの気相酸化反応

(神戸大院工)〇尹 シン棟、宮本柊平、森本匡哉、谷屋啓太、市橋祐一、西山 覚

P02. 金属と炭素資源の酸化還元反応を利用した高効率エネルギー転換法

(京都大院工)〇南口拓矢、水谷勇太、蘆田隆一、河瀬元明

P03. 酸化タングステン(VI)光触媒を用いた還元的過酸化水素生成における熱加速効果

(近畿大院総合理工)〇紙谷海成、田中淳皓、古南 博

P04. 金の表面プラズモン共鳴に誘起された光水素解離を利用したスチレンの水素化反応

(近畿大院総合理工)〇岡本珠季、不動愛理、田中淳晧、古南 博

P05. バナジン酸ビスマス光触媒のNafionコーティングによる過酸化水素生成への影響

(関西大院理工、関西大環境都市工、産総研)〇鈴木諒平、福 康二郎、佐山和弘、池永直樹

P06. 鉄のFenton反応を利用したベンゼンからフェノールへの直接水酸化反応

(関西大院理工、関西大環境都市工)○正門拓己、福 康二郎、池永直樹

P07. マンガンイオンを用いたフェントン反応による水中有機化合物の酸化分解

(関西大院理工、関西大環境都市工)○辻 直秀、福 康二郎、池永直樹

P08. 白金錯体触媒存在下、アルデヒドをカルボニル源として用いる新合成反応

(京都大院工)〇大原美宇、田中伸幸、三浦理紗子、木村 祐、近藤輝幸

P09. 酸化タングステン光触媒を用いた硝酸イオンの光還元反応

(大阪工大院工)〇宮脇圭吾、東本慎也

P10. 共電着法により作製したCu2ZnSnS4光カソード電極を用いた水からの水素生成

(大阪工大院工)〇廣P勇哉、東本慎也

P11. 溶液法により作製したバルクへテロ接合を有するCuInS2太陽電池の高効率化

(大阪工大院工)〇張野貴之、東本慎也

P12. フッ酸共存で作製したRF樹脂光触媒上でのORR反応

(大阪工大院工)〇徳永竜己、東本慎也

P13. Cpロジウム錯体を用いた触媒的ビニレントランスファー反応によるC4置換ベンゾフランの選択的合成

(大阪大院工、大阪大OTRI)〇北野淳也、西井祐二、三浦雅博

P14. ポリマー分解に向けたCr含有Betaゼオライトの合成

(大阪大院基礎工)〇田村和也、國領伸哉、三宅浩史、内田幸明、西山憲和

P15. Cr/Mo担持ZSM-5を用いたメタンの脱水素芳香族化

(大阪大院基礎工)○北村春菜、鷲見知香、國領伸哉、三宅浩史、内田幸明、西山憲和

P16. 高表面積化Ni/BaTiO3触媒によるアンモニア分解反応

(京都大院工、大阪大産研)〇石田晴起、室山広樹、神内直人、松井敏明、江口浩一

P17. テトラリンの水素化分解による単環芳香族化合物合成

(関西大院理工、東ソーFP研)〇有山 遼、佐野 誠、林 智洋、花谷 誠、三宅孝典

P18. 鎖状炭化水素のゼオライトへの吸着と分解反応

(関西大院理工、東ソー高分子研)〇遠藤 匠、佐野 誠、曽根 誠、菊地元三、三宅孝典

P19. リン資源の有効活用を指向した配位性リン分子の環境調和型合成法の開発

(大阪公立大院工)〇藤原孝翼、山本結生、田中遼、野元昭宏、小川昭弥

P20. ヘテロ原子で修飾された機能性モノマーの太陽光エネルギーを駆動力とするグリーン合成法の開発

(大阪公立大院工)〇謝 宜恩、山川千裕、山本結生、小川昭弥
休憩(15 : 00〜15 : 20)
  【研究発表】(15 : 20〜16 : 10)

4. パラジウム触媒による1,3-ジエンを用いたモルホリン誘導体の一段階合成(10分)

(関西大化学生命工、京都大院工)〇山口 歩、田原一輝、藤原哲晶、大洞康嗣

5. DMF保護マンガンナノ粒子の合成およびアルケンのヒドロシリル化触媒への利用(10分)

(関西大化学生命工,大阪大産研)〇形山暢紀、永田達己、山口未来、鈴木健之、大洞康嗣

6. 還元型モリブデン酸化物触媒を用いた光アシスト型ケミカルルーピングによる逆シフト反応(10分)

(大阪大院工)○岸村 拓、楠 和樹、桑原泰隆、山下弘巳

7. Ni助触媒を担持したCuInS2光電極作製とそれらの光電気化学特性(10分)

(大阪工大院工)〇臼井一起、東本慎也

8. 非対称ジアリールテルリドのメタルフリー合成法の開発とその応用(10分)

(大阪公立大院工)〇陳キキ、山本結生、小玉晋太朗、小川昭弥
休憩(16 : 10〜16 : 20)
【特別講演】(16 : 20〜17 : 10)

SDGs時代の化成品原料のソースは何か?−これから求められる技術−

神戸大学大学院工学研究科教授 西山 覚
休憩(17 : 10〜17 : 20)
【石油学会関西支部30周年記念行事 記念講演】

石油学会関西支部創立の経緯と30周年に思う(17 : 20〜17 : 40)

関西大学名誉教授 鈴木俊光 氏

カーボンニュートラルを見据えた石油分野のこれから(17 : 40〜18 : 30)

早稲田大学理工学部教授 関根 泰 氏

【優秀講演賞・優秀ポスター賞 授与式】(18 : 30〜18 : 40)

【閉会の挨拶】(18 : 40〜18 : 45)

日本エネルギー学会関西支部 支部長 中川浩行
【情報交換会】(19 : 00〜20 : 30)
 

申込方法: 1)氏名,2)会員・非会員・学生の別,3)所属,4)連絡先(所属先の所在地,TEL,E-mailアドレス)をご記入のうえ,所属ごとにE-mailにて下記宛お申し込み下さい。メールの標題に「第31回研究発表会参加申込」とお書き下さい。
参加費: 主催・共催団体会員2,000円,学生1,000円,非会員5,000円
いずれも要旨集代(デジタルデータ)を含む。会費は当日会場にて申し受けます。
申込締切:2022年11月18日(金)
情報交換会:詳細が決まり次第、学生を除く参加者にご連絡いたします(参加費4,000円の予定)。なお、新型コロナウイルス等の感染状況によっては中止となる場合もあります。
 

申込先

近畿大学理工学部応用化学科 田中淳皓

電話 06-4307-4714

E-mail:atsu.tana(at)apch.kindai.ac.jp   ((at)を@に変換してご連絡下さい)

 

石油学会主催行事カレンダー|ページへ