31st JPI Petroleum Refining Conference

Recent Progress and Future Prospect in Petroleum & Petrochemical Technologies
日時 :2022年10月20日(木),21日(金)
会場 Zoom Webinarによるオンライン
 

プログラム (初日は英語、2日目は日本語での講演となります。)

10月20日(木)

Opening Remarks(10:00〜10:10)

Mr. Yoshiharu Yamashita, ENEOS Corporation

Announcement(10:10〜10:20)

Mr. Taichiro Masagaki, Chiyoda Corporation

1.【Keynote lecture】Outlook for Energy: A Perspective to 2050(10:20〜11:10)

Ms. Nicole D. Vaughn, ExxonMobil Catalysts & Licensing, LLC
Abstract

2.Introduction of biomass pyrolysis process (RTP) and how should it be fit in refinery(11:10〜12:00)

Ms. Lisa Wolschlag, Honeywell UOP
Abstract

Break(12:00〜13:00)

3.TBD(CCS海外実績・動向)(13:00〜13:50)

Mr. Alex Zapantis, Global CCS Institute

4.How Should Japanese refineries maintain competitiveness by utilizing (R)FCC technology as decline of domestic fuel demand continues.(13:50〜14:40)

Mr. Rohit Agrawal, Honeywell UOP
Abstract

Break(14:40〜15:00)

5.Carbon neutrality: a taylor made solution for each refiner(15:00〜15:50)

Dr. Patrick Sarrazin, Axens
Abstract

6.TBD(廃プラスチックスのリサイクル技術)(15:50〜16:40)

Mr. Gerrit Polhaar, Chevron Lummus Global

10月21日(金)

7.カーボンニュートラルと石油産業の進路(10:20〜11:10)

国際大学  橘川武郎 氏
概要を読む

8.今後求められる精製プロセス・触媒技術(11:10〜12:00)

成蹊大学 里川重夫 氏
概要を読む

休憩(12:00〜13:00)

9.汎用原子レベルシミュレータ「Matlantis」による低炭素社会に向けた新素材探索のDX(13:00〜13:50)

(株)Preferred Computational Chemistry  入口広紀 氏
概要を読む

10.カーボンニュートラルに向けた自動車技術に関する将来展望(13:50〜14:40)

早稲田大学 大聖泰弘
概要を読む

休憩(14:40〜15:00)

11.石油分野における水素と二酸化炭素利用の今後(15:00〜15:50)

早稲田大学  関根 泰 氏
概要を読む

12.地球温暖化問題とエネルギー安全保障(15:50〜16:40)

(一財)キヤノングローバル戦略研究所  杉山大志 氏
概要を読む

閉会挨拶(16:40〜16:45)

プロセス分科会委員長 正垣太一郎[千代田化工建設(株)]

参加費: 普通会員(個人)11,000円、維持会員会社の社員18,000円、非会員23,000円、学生 無料
申込方法: 参加登録画面よりweb申し込み。
当会に責めのある場合を除き,お申込み後のキャンセルは原則できません。
参加登録
申込締切:2022年10月13日(木)
締切日を過ぎてのお申し込みは,参加費に一律1,000円を加算いたします。
支払方法:カード支払い、現金書留または下記の銀行口座へお振り込みください。
三井住友銀行 池袋東口支店 普通口座 7708349 シヤ)セキユガツカイ

問合せ先

公益社団法人 石油学会 精製講演会係

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-8-4
TEL:03-6206-4301, FAX:03-6206-4302

 

石油学会主催行事カレンダー|ページへ