第10回 次世代天然ガス利用を考える若手勉強会

 本勉強会は,メタンやCO2などC1系化合物の次世代利用技術について議論し,若手研究者のアイデアや夢をカタチにすることを目的としています。学生を含む若手研究者の発表や議論する機会を増やすことで,各個人やグループの研究を推進しつつ,天然ガスの利用技術について考えます。本勉強会の内容は,参加者による口頭発表および討論を企画しています。大学・研究機関・企業の若手研究者および学生を参加対象としていますが,年齢制限などは特に設けていません。若手研究者と積極的に交流出来る方であれば歓迎いたします。これからの研究生活に大いに役立つと存じますので,奮ってご参加ください。ご発表(口頭発表)もお待ちしております。なお,新型コロナウイルス感染症の感染対策を講じ,現地で対面形式での開催を予定しています。

会期:2022年10月8日(土)13:30〜18:00(入室13:00頃〜)
会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス 54号館2階202教室
交通:東京メトロ副都心線「西早稲田駅」(3番出口)直結
主催:石油学会ジュニアソサイアティ(JPIJS),次世代天然ガス利用を考える若手勉強会
共催:触媒学会 天然ガス転換触媒研究会

発表形態口頭発表
発表内容天然ガス関連に限ります(キーワード:メタン,低級炭化水素,C1ケミストリー,水素,CO2
発表時間発表15分,質疑応答10分を予定
発表申込方法発表題目,200字程度の概要,発表者・連名者氏名を連絡してください。
発表申込締切2022年9月26日(月)
講演会参加費: 無料
懇親会: 開催を予定しておりますが,新型コロナウイルスの感染状況によって中止する事があります。
参加申込方法: 氏名,所属(学生の場合は学年,研究室名),連絡先を明記して,E-mailにて下記宛にお申込み下さい(研究室単位でまとめて申し込む場合は,代表者の連絡先を明記)。

申込み・問い合わせ先

九州大学 工学部 大島一真
電話 092-802-2762
E-mail: koshima[AT]chem-eng.kyushu-u.ac.jp    [AT]を@に置き換えて送信してください。

世話人
荻原 仁志(埼玉大学),宮地 輝光(東京工業大学),霜田 直宏(徳島大学),小河 脩平(高知大学),
石川 理史(神奈川大学),大島 一真(九州大学),渡部 綾(静岡大学)

 

石油学会主催行事カレンダー|ページへ