第21回 回転機研究討論会

日時 :2022年9月30日(金)9:30〜16:45
会場日本教育会館(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
    および Zoom meetingによる ハイブリッド開催
交通 :都営線・東京メトロ「神保町駅」徒歩3分,東京メトロ「竹橋駅」徒歩5分
協賛 :(一社)日本産業機械工業会
新型コロナウイルスの感染状況により開催方法が変更となる可能性があります。
ご来場前に必ず本ページをご確認ください。

 

プログラム

司会:回転機専門委員会 鍛冶紘亮[出光興産(株)]

開会の挨拶(9:30〜9:35)

回転機専門委員会 主査 新谷修司[富士石油(株)]

第T部 発表(9:35〜13:15)

1. 往復動圧縮機コネクティングロッドメタルのトラブル(9:35〜10:05)

ENEOS(株) 仲里佳晃
概要を読む

2. 小型CO2回収装置の紹介(10:05〜10:35)

三菱重工エンジニアリング(株) 佐々木 尚
概要を読む

休憩(10:35〜10:45)

3. 蒸気タービンガバナの信頼性向上(10:45〜11:15)

ENEOS(株) 宇田翔吾
概要を読む

4. 燃料アンモニア利用技術開発とバリューチェーン構築にむけた取り組み(11:15〜11:45)

(株)IHI 内田正宏
概要を読む

休憩(11:45〜12:45)

5. IDF軸受損傷 及び振動上昇トラブル事例(12:45〜13:15)

出光興産(株) 柴田琢磨
概要を読む

総合質疑応答・休憩(13:15〜14:00)


第U部 ワークショップ(各Roomに分かれて討議/講義を行う)(14:00〜16:45)

Room1:【教育講座】 メカニカルシール技術教育講座(ハイブリッド開催)

 初級・中級者を対象としたメカニカルシールおよびドライガスシールの構造・原理について解説する。併せて,フラッシングプラン等の付帯システムやドライガスシールのアレンジメントに関しても説明する。また、内容にかかわらず質疑を受け付けます。
※質疑やトラブルがあれば事前アンケートにご記入のうえ、9月28日までメールにてお送りください。
または、当日会場の受付にご提出ください。9月26日頃にご案内しますWEB配付資料をお読みいただきご提出いただいても結構です。
リーダ富士石油(株) 沼 大地
サブリーダ(株)タンケンシールセーコウ 仙誉啓介
サブリーダイーグルブルグマンジャパン(株) 金子 敦
サブリーダ日本ピラー工業(株) 寺川和宏
サブリーダ日本フローサーブ(株) Bharmal Juzer
サブリーダ日本ジョン・クレーン(株) 青井達也

Room2:【教育講座】石油プロセス「常圧蒸留装置」の基礎と回転機関係の事例紹介(ハイブリッド開催)

 石油関連の回転機技術基礎講習として石油プロセスを紹介する。今回は「常圧蒸留装置」について取り組む。常圧蒸留装置に設置されている回転機の事例情報等を提供し、これらに関連して各参加者の視点から提起・討論いただくことで、各自の知見を高める。
リーダ太陽石油(株) 羽藤雅史
サブリーダ太陽石油(株) 新里武之
サブリーダENEOS(株) 寺沢友麻
サブリーダ日本フローサーブ(株)  遠藤和也

Room3:【事例紹介・討議】再生補修技術(現地参加のみ)

 腐食や摩耗が進行した回転機械に対して、各社で経験した機種毎の再生補修技術(成功事例・失敗事例等)の知見や実績を調査・集約して、各社での有効活用・促進を図ることを目的に2012年度WG活動で「再生補修技術の事例集」を作成し、2013年回転機討論会にてWSを開催した。2013年WSでは事例の紹介が中心であったが、今回は前半でレシプロコンプレッサの溶射再生補修の失敗事例及びその考察をもとに、理論や再生補修を行う場合のユーザとしての注意点等も盛り込んで紹介、討議を行う。また後半で再生補修に関する最新の技術として、レーザ肉盛り技術、3Dスキャン・3Dプリンタ技術を事例とともに紹介する。対象は中級者以上とする。尚、溶射に対する基礎知識がない方は事前の配布資料で自主学習の上、参加下さい。
リーダENEOS(株) 天白真伸
サブリーダ出光興産(株) 加藤祐司
サブリーダコスモ石油(株) 北澤秀隆
サブリーダJPI個人会員 岡野正幹
サブリーダJPI個人会員 仲山浩司
サブリーダ(株)IHI 回転機械エンジニアリング 深山 清
サブリーダ(株)荏原製作所 中島 宏
サブリーダ(株)荏原製作所 阪口隼夫
サブリーダトーカロ(株) 延東直毅
サブリーダトーカロ(株) 横田博紀

Room4:【事例紹介】往復動圧縮機のトラブル事例紹介(現地参加のみ)

 石油プロセス用往復動圧縮機に関するトラブル事例の紹介をする。往復動圧縮機は機器数も多く、保全費においても大きな割合を占めている。トラブル事例を通じて発生の要因、対策、その背景、その後の展開を確認する。参加者間での情報交換も行いより良い対策を検討していく。各事業所にて保全方法の見直しや改善を行い、適切な回転機器の保全活動に繋げることを目的とする。対象は、往復動圧縮機の保全を担当する人(初級〜中級)or興味がある人とする。
リーダコスモ石油(株) 糸山俊介
サブリーダ出光興産(株) 小玉 秀
サブリーダENEOS(株) 松隈 賢
サブリーダ東亜石油(株) 赤野健一
サブリーダ(株)IHI 回転機械エンジニアリング 本鍋田晋作
サブリーダ(株)三井E&Sマシナリー 屋敷 渓
サブリーダ(株)神戸製鋼所 森 康浩
サブリーダ日揮グローバル(株) 奥田健一

Room5:【新技術】ワイヤレス振動計による回転機の状態監視技術について(ハイブリッド開催)

 近年の通信技術の進歩により防爆型のワイヤレス振動計が開発・供給され、各社で導入が進んでいる。昨年度は、各メーカから発売されたワイヤレス振動計の特徴や、利用するケースに応じた注意点・導入時の勘所、また各メーカからの製品プレゼンを中心にワークショップを開催した。ワイヤレス振動計は今までに無かった新しいツールであり、検討やトライアルも重要であるが、実業務で活用し、設備の信頼性を向上させていくことが何よりも重要であり、最終目的である。今年度は昨年度の内容を踏襲したうえで、ユーザでの導入事例(導入時の検討内容、社内導入のプロセス、導入状況や今後の展望、また実運用を開始して困っている点やうまくいっている点、等々)を共有しディスカッションする時間を増やすことで、今後の各社の導入の一助としたい。
リーダENEOS(株) 佐藤 崇
サブリーダ出光興産(株) 大橋祐介
サブリーダENEOS(株) 那賀健二朗
サブリーダENEOS(株) 新井智大
サブリーダベイカーヒューズエナジージャパン(株) 堀部孝雄
サブリーダ横河ソリューションサービス(株) 山口真澄
サブリーダ新川電機(株) 栗原雅己
サブリーダ日本エマソン(株) 石川葉子
サブリーダABB日本ベーレー(株) 伊藤太一
サブリーダIDECセールスサポート(株) 大澤雅樹

Room6:【事例紹介・討議】 設備診断技術の向上(現地参加のみ)

 2017年より、各ユーザ会社が中心となり、「設備診断ワーキング」を立ち上げました。目的は各社の失敗事例等を収集し、運用面、技術面の観点から適切な設備診断技術を討議し、回転機維持規格へ反映することとしております。今回のワークショップでは石油・石油化学業界における設備診断(振動・潤滑油)に関して、グループディスカッションを設けます。ユーザ、メーカ、エンジ、施工業界からの参加者に、振動診断および潤滑油診断に関して議論したい、相談したい、疑問や質問事項、お悩み、トラブル等を事前にお悩み事シートを用いて「1件/人」持ち寄っていただきます。参加者全員で技術的なディスカッションを行うことにより各自の知見を高めて、設備の信頼性向上や保全費低減の一助になることを目的とします。
お悩み事シートにご記入のうえ9月13日までメールにてお送りください。
リーダ出光興産(株) 鍛冶紘亮
サブリーダENEOS(株) 板谷純平
サブリーダ鹿島石油(株) 堀 玲於奈
サブリーダ(株)日立インダストリアルプロダクツ 小口 智
サブリーダコスモ石油(株) 永田真也
サブリーダ東亜石油(株) 新杉大輔
サブリーダJFEアドバンテック(株) 渕上芳樹
サブリーダジャパン・アナリスト(株) 塩沢 歩

ハイブリッド開催にあたっての諸注意

・本研究討論会の録画・録音・撮影(スクリーンショットを含む)等は禁止いたします。
・1アカウントによる複数名のご視聴は固くお断りします。
・質疑応答は、現地参加者からの質問を優先させていただきます。

現地参加者へのご案内

・発表者は現地参加を予定しております。休憩時間などにも追加質問が行えます。
・休憩時間は、名刺交換等ご交流、人脈づくりのお時間としてご活用ください。

要旨集:参加者限定のWEB公開
参加費:普通(個人)会員9,000円、維持(法人)会員会社社員・協賛団体会員10,000円、
非会員15,000円、学生会員3,000円、学生非会員5,000円
*今年度は、交流会を開催いたしません。
申込方法: 参加登録画面よりweb申し込み。 お申込み後のキャンセルは原則できません。
・参加登録時に参加形態「現地参加/オンライン参加」を選択してください。やむを得ず変更される場合はご連絡をお願いいたします。
・新型コロナウイルス感染状況によりオンライン開催となった場合、第U部ワークショップのRoom 3,4,6は中止となり、Room 1,2,5のみの開催となります。
 Room選択の際は、第1希望または第2希望にRoom 1,2,5のいずれかを選択いただくようお願いいたします。
参加登録
現地参加定員:300人
申込締切:2022年9月22日(木)
締切日を過ぎてのお申し込みは、参加費に一律1,000円を加算いたします。
支払方法:クレジットカード支払い、現金書留または下記の銀行口座へお振り込みください。
三井住友銀行 池袋東口支店 (普) 7708349 口座名 シヤ)セキユガツカイ

問合せ先

公益社団法人 石油学会 回転機研究討論会係

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-8-4 陽友神田ビル4F
TEL:03-6206-4301, FAX:03-6206-4302
 E-mail:events@sekiyu-gakkai.or.jp

 

石油学会主催行事カレンダー|ページへ