資源講演会

〜コロナ下のエネルギー業界の動向とCCS・CO EORの展望〜
新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響でオンライン開催となる可能性がございます。
ご来場前に必ずホームページ等で開催の有無をご確認ください。

日時 :2021年3月10日(水)
会場早稲田大学 西早稲田キャンパス
     (新宿区大久保3-4-1)
交通 :山手線および西武新宿線「高田馬場駅」徒歩15分、東京メトロ副都心線「西早稲田駅」直結
共催 :石油技術協会、早稲田大学理工学術院
協賛 :石油鉱業連盟、石油天然ガス・金属鉱物資源機構、石油連盟、天然ガス鉱業会
 

プログラム

開会の挨拶(13:00〜13:05)

資源部会長 平田敏幸[石油資源開発(株)]

1. CCS・CO EORを取り巻く環境(13:05〜13:50)

(一財)日本エネルギー経済研究所 山下ゆかり 氏

2.メジャー企業のエネルギートランジション戦略(13:50〜14:35)

(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 古藤太平 氏

3. 石炭火力の現況と低炭素化への取り組み(14:35〜15:20)

電源開発(株) 野口嘉一 氏

休憩(15:20〜15:35)

4. COの分離・回収技術(15:35〜16:20)

三菱重工エンジニアリング(株) 上條 孝 氏

5. 世界の大規模CCS・CO EORプロジェクト:その現状と動向(16:20〜17:05)

グローバルCCSインスティテュート 南坊博司 氏

6. 苫小牧CCS大規模実証試験(17:05〜17:50)

日本CCS調査(株) 川端尚志 氏

閉会の挨拶(17:50〜17:55)

資源部会 委員

参加費: 主催・共催団体の普通(個人)会員4,000円、石油学会維持(法人)会員会社の社員7,000円、共催団体賛助会員・協賛団体会員7,000円、
非会員11,000円、学生1,000円
申込方法: 参加登録画面よりweb申し込み。
本講演会ご参加にあたっての注意事項を必ずお読みの上ご参加登録をお願いします。
参加登録
申込締切: 2021年3月3日(水)
(締切日を過ぎてのお申し込みは,参加費に一律1,000円を加算いたします)
支払方法:カード支払い、現金書留または下記の銀行口座へお振り込みください。
みずほ銀行 銀座中央支店(普)1010633 口座名 シヤ)セキユガツカイ

 

問い合わせ先

公益社団法人 石油学会 資源講演会係

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-8-4 陽友神田ビル4F
TEL:03-6206-4301, FAX:03-6206-4302

 

石油学会主催行事カレンダー|ページへ