第28回関西支部研究発表会・日本エネルギー学会関西支部第64回研究発表会合同研究発表会

 石油学会関西支部では下記の通り第28回研究発表会を開催します。今年も日本エネルギー学会関西支部との共催で、石油・天然ガスおよびエネルギーに関する諸分野での研究・試験・技術の成果を発表いたします。多くの方のご参加をお待ちしております。
日時 :2019年12月13日(金)
会場近畿大学 東大阪キャンパス (東大阪市小若江3-4-1)
     【特別講演・口頭発表】 B館10階マルチメディア会議室  
     【ポスター発表】 BLOSSOM CAFE 3階多目的ホール
交通 :近鉄大阪線「長瀬駅」徒歩15分、または近鉄奈良線「八戸ノ里駅」徒歩15分
共催 :日本エネルギー学会関西支部

プログラム

【開会の挨拶】(9:50〜9:55)
日本エネルギー学会関西支部 支部長 池永直樹(関西大学)
【研究発表】(9:55〜10:50)

1. ロジウム錯体触媒を用いる1H-インデン-1,2,3-トリオンと2-ノルボルネン類との脱カルボニル化カップリング反応

(京都大院工)○伊藤大輝、木村祐、近藤輝幸

2. スルフィド触媒と/N/-ハロスクシンイミドを用いた求電子的ハロゲン化反応の開発

(大阪大院工)〇池田光浩、西井祐二、三浦雅博

3. サリチル酸触媒によるアミン類の空気酸化を経る三置換ピリジン誘導体の高効率合成法の開発

(阪府大院工)〇太田海佑斗、董春萍、山本結生、小玉晋太朗、野元昭宏、小川昭弥

4. Znイオン交換GaAlMFI触媒によるエタンの脱水素芳香族化反応

(1.大阪大院基礎工,2.静岡大工,3.岐阜大工)〇井上玲奈1、三宅浩史2、堀田悠真1、廣田雄一朗1、内田幸明1、宮本学3、近江靖則3、西山憲和1
【特別講演】(11:00〜11:50)

海外再エネの大量輸入を目指したDirect MCHプロセスの開発

JXTGエネルギー(株)エネルギー・素材基盤技術グループ グループマネージャー 佐藤康司

【ポスタープレビュー】(12:00〜12:45)

【昼食・アカデミックシアター見学】(12:45〜14:00)
【ポスター発表】(14:00〜15:00)

P1. 炭素と酸化鉄ナノ粒子の固固反応を用いたメソポーラスカーボンの製造

(京大院工)〇松村南月、蘆田隆一、河瀬元明

P2. パラジウム触媒を用いた光学活性ビスベンゾフロビナフチル誘導体の合成

(大阪大院工)〇瀧島亮、西井祐二、三浦雅博

P3. ポルフィリン錯体の水素化脱メタル反応における置換基の影響

(島根大院自然科)〇名越美樹、久保田岳志、小俣光司

P4. パラジウム触媒を用いた分子内脱水素環化による含窒素縮環芳香族化合物の合成と物性

(大阪大院工)〇谷口大成、西井祐二、三浦雅博

P5. 光照射下によるジホスフィンジスルフィドの炭素−炭素不飽和結合へのラジカル付加反応

(阪府大院工)〇西村美紗希、佐藤悠樹、川口真一、小玉晋太朗、野元昭宏、小川昭弥

P6. 電解質酸化を利用したスルフィドの電気化学的選択酸化反応

(近畿大院総合理工)〇東林智也、田中淳皓、古南博

P7. カソード電極上での酸素を原料とする過酸化水素合成の高効率化

(関西大環境都市工)〇櫻井志保、古閑拓海、福康二郎、池永直樹

P8. 電解析出法による銅−スズ硫化物(Cu2SnS3)化合物の作製と光電気化学特性

(大工大工)〇亀本修司、松田泰明、東本慎也

P9. アニオン交換樹脂とコバルト錯体を用いたCo/N/C触媒の合成とその酸素還元反応性能

(1.大阪大院基礎工,2.静岡大工)〇周安博1、三宅浩史2、廣田雄一朗1、内田幸明1、西山憲和1

P10. ピレン基で修飾したPdナノ粒子カーボン担持触媒の調製とアルキンの部分水素化反応への応用

(大阪大院工)〇梅本大樹、吉井丈晴、桑原泰隆、森浩亮、山下弘巳

P11. ハイシリカな*BEA型ガロシリケートゼオライト(Ga-Beta)を用いたプロパンの脱水素反応

(1.大阪大院基礎工,2.静岡大工)〇中井雅大1、三宅浩史2、井上玲奈1、小野開登1、Hasna Al Jabri1、廣田雄一朗1、内田幸明1、西山憲和1

P12. バインダレスHZSM-5ゼオライト担持Cu触媒の合成とその反応活性評価

(神戸大院工)〇森本匡哉、谷屋啓太、市橋祐一、西山覚

P13. 銅フェライト触媒による1-ブテンの酸化脱水素に及ぼす金属および金属酸化物の添加効果

(関西大院理工)〇星田和輝、福康二郎、池永直樹

P14. アセトンからの高収率BTX合成を目指したゼオライト触媒の開発

(大阪大院基礎工)〇堀田悠真、井上玲奈、廣田雄一朗、内田幸明、西山憲和

P15. 金ナノロッドプラズモニック光触媒を用いた可視光水素生成

(近畿大院総合理工)〇小嶋友也、八木稜祐、田中淳皓、古南博

P16. ロジウムナノ粒子修飾酸化チタン(IV)を用いたキノリンの核水素化

(近畿大理工)〇谷東龍一、田中淳皓、古南博

P17. レゾルシノール樹脂を用いた可視光応答型光触媒反応

(大工大工)〇笹倉裕織、松田泰明、東本慎也

P18. 金属助触媒担持バナジン酸ビスマス光触媒を用いる過酸化水素製造

(関西大環境都市工)〇瀧岡稜介、岩村一志、福康二郎、池永直樹

P19. 白金担持酸化タングステン光触媒上でのベンゼンの光酸化反応に関する反応メカニズムの検討

(大工大工)〇栗川優也、松田泰明、東本慎也

P20. 活性炭担持Zr触媒を用いた水共存下における不飽和アルデヒドの選択還元反応

(神戸大院工)〇島田大樹、赤澤佳奈、谷屋啓太、市橋祐一、西山覚

P21. 粘結炭の風化に関する速度論的検討

(京大院工)〇任傑、瀬川裕美子、蘆田隆一、河瀬元明
  【研究発表】(15:10〜15:50)

5. ルテニウム錯体触媒を用いるジスルフィド類のアレン類への高効率付加反応

(京都大院工)○田中遼介、木村祐、近藤輝幸

6. ニッケル系触媒によるトルエンの水素化脱メチル反応

(1.関西大院理工,2.東ソー ファンクショナルポリマー研究所)○柴田匠1、林智洋2、 花谷 誠2、佐野誠1、三宅孝典1

7. 表面状態を制御したプラズモニック光触媒の特性評価

(近畿大院総合理工)〇不動愛理、田中淳皓、古南博
【研究発表】(16:00〜16:40)

8. ディーゼルすす燃焼プロセスに対するCeO2露出面の寄与

(大阪大院工)〇治田裕貴、森浩亮、桑原泰隆、山下弘巳

9. 層状複水酸化物を用いたFenton反応による有機汚染物質の分解無害化

(関西大院理工)○轟真誠、福康二郎、池永直樹

10. CO2を原料としたバイオガスからのオレフィン製造プロセスの設計

(京都大院工)〇中川浩行、藤田莉江、上田麻木、佐々木駿
【特別講演】(16:50〜17:40)

酢酸発酵によるリグノセルロースからの先進エタノール生産

京都大学 名誉教授 坂 志朗
【閉会の辞】(17:40〜17:45)
石油学会関西支部 副支部長 西山 覚(神戸大学)
 

【懇親会】(18:00〜19:30)

 

申込方法: 1)氏名,2)会員・非会員・学生の別,3)所属,4)連絡先(所属先の所在地,TEL,E-mailアドレス)をご記入のうえ,所属ごとにE-mailにて下記宛お申し込み下さい。メールの標題に「第28回研究発表会参加申込」とお書き下さい。
参加費: 主催・共催団体会員5,000円,学生2,000円,非会員10,000円
いずれも要旨集代,懇親会費を含む。会費は当日会場にて申し受けます。
申込締切:2019年11月29日(金)
 

申込先

関西大学 環境都市工学部エネルギー・環境工学科 福 康二郎

電話 06-6368-0894

E-mail:k.fuku(at)kansai-u.ac.jp   ((at)を@に変換してご連絡下さい)

 

石油学会主催行事カレンダー|ページへ