第39回絶縁油分科会研究発表会

主催:(公社)石油学会
会期:2019年6月7日(金)
会場京都リサーチパーク 4号館 B1F バズホール (京都市下京区中堂寺粟田町93)
   ※)昨年までと会場が変更しました。御注意ください。
   ※)1階にセブンイレブンのある建物です。
交通:JR「丹波口駅」徒歩5分、バス停「京都リサーチパーク前」徒歩5分ほか
協賛:(一社)電気学会

プログラム

<司会 中村幸一[松村石油(株)]>

開会の挨拶(10:00〜10:10)

1. 絶縁油中の硫黄分が与えるアルミ腐食への影響(10:10〜10:35)

2. 鉱油中溶存ガスに及ぼす窒素ファインバブル付加の影響(10:35〜11:00)

3. エステル系絶縁油の諸特性に及ぼす鉱油系絶縁油混入の影響(11:00〜11:25)

カタログ・機器展示内容の紹介(11:25〜11:40)

休憩(11:40〜13:00)
<司会 市村 智[(株)日立製作所]>

4. 油入変圧器における耐熱処理紙の劣化調査(13:00〜13:25)

5. 植物油入変圧器における内部異常診断手法の検討(13:25〜13:50)

6. Rapp-Sbravati Development of IEC62975(13:50〜14:15)

7. アモルファス変圧器とパームヤシ油の適合評価試験(14:15〜14:40)

休憩 (14:40〜15:00)
<司会  狩野孝明[ライオン・スペシャリティ・ケミカルズ(株)]>

8. 交流沿面放電による各種絶縁油中溶解ガス成分の比較(15:00〜15:25)

9. 絶縁油診断に活用するトライボ診断(15:25〜15:50)

10. Online DGA monitor utilizing vacuum gas extraction and infrared sensing technology(15:50〜16:25)

閉会の挨拶(16:25〜16:30)

懇親会(16:45〜18:45)

参加費: 石油学会個人会員または維持会員会社社員:5,000円,
協賛団体会員:5,000円,非会員:7,000円
懇親会費: 3,000円
申込方法: 参加登録画面よりweb申し込み。
当会に責めのある場合を除き、お申込み後のキャンセルは原則できません。
参加登録
定員:150人
支払方法: カード払い,現金書留または下記の銀行口座へお振り込みください。
みずほ銀行 銀座中央支店 (普) No.1010633 口座名 シヤ)セキユガツカイ
申込み締切日:2019年5月31日(金)※申込締切日を過ぎますと、参加費に一律1,000円加算致します。

広告募集

 研究発表会に参加される方々の情報交換のため、絶縁油関連、変圧器関連、ガス分析機器、PCB処理に関してのパンフレットやカタログ等の展示を行います(有料)。展示を希望される方は絶縁油分科会研究発表会係へ5月31日(金)までにお申し出下さい。

問い合わせ先

 (公社)石油学会 絶縁油分科会研究発表会係
 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-8-4 陽友神田ビル4F,
 電話03-6206-4301,FAX03-6206-4302
 E-mail:events@sekiyu-gakkai.or.jp

 

石油学会主催行事カレンダー|ページへ