石油学会設備維持規格と設備維持管理士制度について

 (公社)石油学会・装置部会・設備維持規格委員会では、自主保安の精神に則り自らの責任において精製設備の確実な維持保全を行うこと、さらにその考え方・具体的方法を開示して社会的責任(公正性・透明性)を全うすることを目的として、設備管理全般(配管・設備、回転機、計装、電気など)にわたる維持規格を作成しています。また、これらの維持規格は、技術の向上、問題点の発生を受けてタイムリーに改訂されなければなりません。そこで設備維持規格委員会では、それぞれの規格担当の常設分科会を設置し、5年ごとに改訂版を発行するとともに、その間に発生した技術的問題点などは適宜追補の形で開示しています。

 しかし、石油学会にて作成したこれらの維持規格は、現実に各社の基準に反映され、広く用いられなければ無意味であることはいうまでもありません。このために、石油・石油化学業界各社は、連携して維持規格の自社基準への反映に取り組み、その実態を認定事業所の審査などを通じて公表し、業界各社の取り組み姿勢について社会的な認知を得ていくことになります。
 さらに、これらの維持規格は、各事業所に採用されているだけでは不十分であり、必要なスタッフに周知徹底されていなければなりません。また、周知徹底されている事実が社会的に証明され、自主保安の仕組みとして機能していることが担保されなければなりません。

 そこで、維持規格の内容を業界各社が周知徹底している実態を社会的に説明するために、2003年度より石油学会に認定制度を設け、毎年、設備維持管理士認定試験を実施しています。 この認定制度は個人について認証するものとし、受験者が石油学会の維持規格を理解しているかどうかを確認することを目的としています。
 受験して合格した方々(認定者)には設備維持管理士として認定証を交付するとともに、5年ごとの関連維持規格の更新講習会の受講を義務付け、常に最新の知識を持ち続けられるようにシステム化しています。

*設備維持管理士認定試験,講習会および更新講習会の案内及び申込みについては行事カレンダーからご確認ください。

 

[平成28年度 設備維持管理士認定試験合格者] ※PDFファイル

 

[過去試験問題と解答] ※PDFファイル

平成16年度
平成17年度: 【配管・設備】 【回転機】
平成18年度: 【配管・設備】 【回転機】 【電気】 【計装】
平成19年度: 【配管・設備】 【回転機】 【電気】 【計装】
平成20年度: 【配管・設備】 【回転機】 【電気】 【計装】
平成21年度: 【配管・設備】 【回転機】 【電気】 【計装】
平成22年度: 【配管・設備】 【回転機】 【電気】 【計装】
平成23年度: 【配管・設備】 【回転機】 【電気】 【計装】
平成24年度: 【配管・設備】 【回転機】 【電気】 【計装】
平成25年度: 【配管・設備】 【回転機】 【電気】 【計装】
平成26年度: 【配管・設備】 【回転機】 【電気】 【計装】
平成27年度: 【配管・設備】 【回転機】 【電気】 【計装】
平成28年度: 【配管・設備】 【回転機】 【電気】 【計装】

 

装置関係規格一覧認定事業|トップページへ