第66回研究発表会プログラム

5月24日(水) A会場 2F桃源

A01
(09:45〜10:00)
Ptナノ粒子担持Ti含有メソポーラスシリカを用いるメタンの水蒸気改質
(関西大)○石川北斗,福 康二郎,池永直樹
A02
(10:00〜10:15)
CH4のドライ改質場と炭素捕集場を併せもつNi系構造体触媒反応システム
(静岡大)○川崎 亘,河野芳海,渡部 綾,福原長寿
A03
(10:15〜10:30)
マイクロ波加熱を利用するメタン直接分解反応―炭化モリブデンの助触媒効果と加熱効果―
(旭川高専)○石丸裕也,近藤 諒,長谷川 舞,宮越昭彦
A04
(10:30〜10:45)
CO2メタネーションにおけるCeO2担体効果
(岐阜大)○上宮成之,平野智之,中村匡宏,宮本 学,近江靖則
A05
(10:45〜11:00)
遷移金属リン化物を用いた中温作動型燃料電池用電極触媒の検討
(東京大)○菊地隆司,田島星也,安宅貴弘,高垣 敦,Oyama Ted S.
(11:00〜11:15)休憩
A06
(11:15〜11:45)
[論文賞受賞講演]酸化チタン薄膜で被覆した酸化カルシウム高活性塩基触媒の合成
(北教育大)○松橋博美
A07
(11:45〜12:00)
酸を添加したシリカ担持クロム酸化物触媒によるメタクロレイン選択酸化
(北海道大)岩倉宏樹,保田修平,(三菱ケミカル)平田 純,菅野 充,二宮 航,大谷内 健,(北海道大)大友亮一,○神谷裕一
A08
(12:00〜12:15)
置換型タングステン酸化物ナノワイヤーを酸触媒とするセルロースの転換反応
(神奈川大)○舘野晴香,Z. Zhang,吉田曉弘,上田 渉
A09
(12:15〜12:30)
メチル基修飾した窒素置換メソ多孔性シリカの環状カーボネート合成に対する触媒性能の評価
(東京大)○山ア清行,茂木尭彦,小倉 賢
A10
(13:30〜14:00)
[依頼講演]ホンダにおけるスマート水素ステーションの取組み
(本田技研)○岡部昌規
A11
(14:00〜14:30)
[依頼講演]超臨界水中での重質油改質における超臨界水の役割と期待
(東北大)○渡邉 賢
(14:30〜14:45)休憩
A12
(14:45〜15:15)
[技術進歩賞受賞講演]超臨界水による重質原油改質技術
(日揮)○青山尚登,粥川智生,(JOGMEC)三好啓介,新井博久
A13
(15:15〜15:30)
PtFe/ゼオライトの骨格構造がプロパン脱水素反応に及ぼす影響
(早稲田大)○牛木涼友,星野浩慶,松方正彦
A14
(15:30〜15:45)
Mn添加Pt/Al2O3触媒によるメチルシクロヘキサンの脱水素
(早稲田大)○関 裕文,中野純志,小河脩平,(JXTGエネ)永塚智三,古田智史,壱岐 英,(早稲田大)関根 泰
A15
(15:45〜16:00)
メチルシクロヘキサン脱水素用Pt系構造体触媒の物質移動促進の解析
(静岡大)○渡部 綾,萬代祐也,河野芳海,福原長寿
(16:00〜16:15)休憩
A16
(16:15〜16:30)
キュリー・ポイント・パイロライザー法を用いた金属担持階層構造触媒による大豆油の環化脱水素化分解の解析
(三重大)○尾子有美,小藪駿介,橋本忠範,那須弘行,石原 篤
A17
(16:30〜16:45)
セルロースからC3,C4軽質炭化水素への一段転換におけるPt担持ゼオライト触媒物性と活性との相関
(早稲田大)○奥野雄太郎,関根 輝,(高知大)恩田歩武,(早稲田大)小河脩平,関根 泰
A18
(16:45〜17:00)
ゼオライト‐塩基修飾アルミナ複合担体担持PtNiMo触媒を用いた大豆油の環化脱水素化分解
(三重大)○金森翔平,橋本忠範,那須弘行,石原 篤
A19
(17:00〜17:15)
新しいゼオライト含有階層構造担体担持NiMo触媒によるm -クレゾールの水素化脱酸素反応
(三重大)○新美敦規,那須弘行,橋本忠範,石原 篤
A20
(17:15〜17:30)
固体酸塩基触媒を用いた植物油由来の脂肪酸の脱酸素反応
(東農工大)○渡邊聡敬,村山ひとみ,銭 衛華

 

年会案内・登録||B会場C会場1日目・JPIJSポスター|ページへ