製品部会 (分析、試験、製品開発、環境)

[部会長挨拶]
 製品部会は燃料油、潤滑油、アスファルトなどの皆さんが日常なじみの深い石油製品について、品質、性能評価、分析などに関する事項を活動の対象としております。
 これらの石油製品は、自動車や機械装置の進歩によりますます高性能なものが要求されておりますが、同時に、エネルギー問題や環境問題への対応もまた重要となっております。
 製品部会では今年度は6分科会(ガソリン、燃料油、潤滑油、アスファルト、絶縁油、試験分析)、8専門委員会から構成され、学界や産業界の英知を集めておりますが、高性能化と環境対応との両立を目指して、今後とも石油製品がたゆまぬ進化を続けて行くために、委員全員が頑張っております。
 なお、製品部会の主要な活動成果は、毎年「石油製品討論会」で発表しております。本年も12月に国立オリンピック記念青少年総合センター(東京/代々木)で開催致しますので奮ってご参加下さい。

[2016年度部会名簿(◎部会長、△幹事)]

◎釘宮貴徳 東燃ゼネラル石油(株)
△大塩敦保 コスモ石油(株)
△今井章雄 昭和シェル石油(株)
  秋元恭志 出光興産(株)
  大塚正和 (一社)潤滑油協会
  岡本憲一 JXエネルギー(株)
  福田一樹 (一財)石油産業活性化センター
  田和健次 石油連盟
  石原 篤 三重大学
  西 宏二 防衛大学校

 

[2016年度部会活動計画の紹介]

  1. 製品部会
    2016年12月8日(木)に、「2016石油製品討論会」を開催する。

  2. ガソリン分科会(委員長 吉田 克巳 昭和シェル石油)
    (1) (株)石油産業技術研究所の委託によりガソリン車の最新制御技術と燃料感度の関係を車両評価試験により調査する。【ガソリン車の制御・燃料感度調査専門委員会】
    (2) CFRオクタン価照合試験を行う。 【CFRオクタン価専門委員会】

  3. 燃料油分科会(委員長 江頭 嘉朗 コスモ石油)
    (1) (株)石油産業技術研究所の委託により昨年度に引続きディーゼル車の燃料供給システムの調査を実施する。【ディーゼル車燃料供給システム調査専門委員会】

  4. 潤滑油分科会(委員長 渡邊 彰 コスモ石油ルブリカンツ)
    (1) エンジン汚れ評価法のJPI規格普及のため、レイティングシンポジウムを開催する。【エンジン試験専門委員会】

  5. アスファルト分科会(委員長 中村好和 JXエネルギー)
    (1) 試験に溶剤として使用するジクロロメタンが特定化学物質に指定されたため、代替溶剤を検討する。【TLC/FID法によるアスファルト組成分析試験方法代替溶剤検討専門委員会】

  6. 絶縁油分科会(委員長 森島欣之 JXエネルギー)
    (1)2016年6月10日に、「京都テルサ」にて「絶縁油分科会研究発表会」を開催する。
    (2) 近年、海外で発生事例の報告があるStray Gassing現象について調査し、油中ガス分析による診断への影響、試験方法の規格化の必要性について検討する。【Stray Gassing調査】
    (3) 「電気絶縁油ハンドブック」に未記載な新しい技術情報を調査し、追補を作成する。【電気絶縁油ハンドブック追補作成専門委員会】

  7. 試験分析分科会(委員長 小出俊一 エス・ブイ・シー東京)
    (1) 試験分析に関する勉強会を開催する。 
    (2) 石油学会認証硫黄分標準物質の認証値決定のための放射線式励起法による共同試験の分析条件を確立する。【放射線式励起法による硫黄分分析法専門委員会】
    (3) ICP発光分析法によるナトリウム分、カリウム分の分析方法の検討を行い、分析条件を確立する。【石油製品の金属分試験法専門委員会】
    (4) JPI-5S-23[エンジン油の軽油希釈率試験方法]、JPI-5S-24[エンジン油のガソリン希釈率試験方法]の改訂の必要性について課題を摘出し検討する。【エンジン油のガソリン、軽油希釈率試験法小委員会】

 

石油製品討論会絶縁油分科会部会活動|トップページへ